若かりしあの頃の自分を取り戻す

人によって差はありますが、男性が加齢とともない精力が減衰し勃起力が衰えてしまうことはしかたがないことです。
しかし、誰しもギンギンに勃起した若かりしあの頃に戻りたいと思うものです。
そういう私自身も現在は齢50歳を目前に迎え、最近勃起力の衰えを特に感じています。
私には妻はいませんが、10歳年下のパートナーがいます。
女の40歳といえば女ざかりであり、精力、活力にみなぎっています。
そんな彼女を満たしてあげたいと日常から少々の無理をして老体にむち打ち、彼女の要求に応えるのですが、最近夜の生活だけは応えきれなくなってきました。
具体的には、私もこの歳なので性的技術には多少の自信があり前戯で十分に彼女を高めてあげられるのですが、いよいよ彼女の中に入ろうとするとペニスが萎えてしまうことが、頻繁にあるのです。
時には挿入時には勃起したとしても彼女の中で萎えてしまうことがたびたびあります。
そんなとき彼女は私のペニスをいたわるように手や口で愛撫してくれるのですが、そのような状態になると再び勃起することはなかなか難しいのです。
彼女はそのことを決して責めたりしないのですが、このようなことが続くといずれ離れていってしまうのではないかと不安でした。
そこでこの勃起不全を改善しようとネット検索で治療方法を探しました。
勃起不全の原因はストレスなどの心的要因もあるが、多くは加齢などに伴う血流不全であることを知り、その治療にはED治療薬が有効であるとのことです。
ED治療薬で有名なものといえばバイアグラです。
一昔前、日本でED治療薬として使用が認可された際には社会現象にまでなったのを記憶しています。
今現在も治療薬として最も使われているのがバイアグラではないでしょうか。
では、皆さんはシラグラというED治療薬はご存知でしょうか。
バイアグラと同一の有効成分であるインド製のジェネリック薬品です。
その有効成分はクエン酸シルデナフィルであり、血管を拡張させペニスへの血流を増大する効能があります。
その結果、勃起力が改善されるのです。
シラグラの服用方法はバイアグラと同じで、食前30分前に服用します。
食後や飲酒後の服用は十分な効果が得られないので避けたほうが無難です。
特に注意しなくてはならないのは、心臓病などで処方されるニトログリセリン系の薬との併用は、副作用によって命を落とす危険があるので絶対に避けてください。
私も実際にインターネット通販を介してシラグラを購入してみました。
シラグラの良い所はジェネリック薬品であるためバイアグラよりも安価に入手できることです。
バイアグラの数分の1の価格で購入出来ました。
実際に服用してみて服用後30分から1時間で体が熱くなってきたのを感じました。
その状態で彼女とのセックスに及ぶと、私のペニスはすぐに勃起し行為の最中、一切萎えることはありませんでした。
それどころか、一度射精したあとにまたすぐ勃起し二度目の挿入ができたことは驚きです。
今後の彼女とのデートの際にはシラグラが必需品になりました。

Comments are closed.